トータルヘルスデザイン公式サイト

バンクシアの響き

時代が急展開している今、
人間社会の新旧交代にまつわる出来事の本質をトータルヘルスデザイン 近藤洋一が考察します。

12月 21世紀の息吹

東日本大震災の衝撃がいまだに日本列島をゆさぶっています。何が起ころうとしているのか、どのような時代を迎えようとしているのかということについて、一人ひとりが明確にしつつ、仲間と手を携えて「おかげさま」の精神で生きていく―いま、そんなことが求められているのではないでしょうか?

日本はどこへ行くのか?

人間社会は天体の動きと密接にかかわりあいながら変化していることが知られています。この宇宙は多彩なリズムをもって活動していて、人間社会のさまざまな周期、たとえば株式市場の変動、人々の誕生と死、髪型やスカートの丈の変化などファッションの移り変わりにも影響を及ぼしているといわれています。

特に巨大な磁場をもつ太陽の黒点活動のあり方が地磁気の活動と関連していて、社会の変動に大きな影響を及ぼしているのではないかと考えられています。太陽の黒点は11.1年という規則正しい周期をもって活動を繰り返していて、その活動がピークを迎えるとき、人間社会も大きくゆれ動くことが知られています。黒点活動が極大期を迎えたときに人間社会に起こった出来事について、この半世紀の動きを見てみることにいたします。

*1968年・・・フランス・パリにおいて激しい学生運動「5月危機」が勃発しました。70年安保を2年後にひかえた日本でも、「5月危機」の影響を受けた学生による東大紛争、新宿反戦デモなどが巻き起こり、日本社会も大きく荒れました。そしてアメリカでは、ロバート・ケネディが暗殺されるという事件が起こりました。

*1979年・・・第2次オイルショックが勃発。日本も含めて先進諸国の経済が大きくゆさぶられた年でした。アメリカでは、石油依存のエネルギー体制から脱皮し、代替エネルギー開発へ向けて動き始めた年でもありました。

*1990年・・・1989年の天安門事件に始まり、ベルリンの壁の崩壊、そしてバブル経済の終焉、湾岸戦争、ソ連の消滅と目白押しに重大な事件が世界を揺さぶりました。ちなみにトータルヘルスデザインも1990年に創業いたしました。

*2001年・・・アメリカで同時多発テロ事件が勃発。そして・・・・・・・・・

*2012年・・・東日本大震災から始まる大動乱の時代を私たちは生きているということになります。太陽の北半球と南半球は反対の磁気を帯びていて、11.1年 ごとに異なる磁気を帯びた無数の微粒子が太陽系全体にばらまかれるのです。そんな太陽にいま異変が起こりつつあります。