トータルヘルスデザイン公式サイト

HOME > 今月のコラム > 杉浦和尚のひと言

杉浦和尚6月「今月のひと言」

杉浦清始 (すぎうらせいし)  杉浦和尚昭和12年生まれ。 大卒後証券会社勤務を経て仏門に飛び込む。
全国各地で互師互弟(ごしごてい)の姿勢で学びあい、 魂を高めあいながら現在は宗教の枠を超えた 「宇宙僧」として、 栃木県小山市に庵を構える。
平成15年にガン(悪性リンパ腫)を発病するが自らの気づきと 多くの方々からの愛により治癒、ガンが 消滅。 「自分で自分を自分する。今に生きる自分道」をモットーに自分自身がイキイキと生き、悩んでいる人や苦しんでいる人に手を差し伸べるにとどまらず、自らが人と直接関わることで、その人一人ひとりが持っている宇宙エネルギーを湧き上がらせる、 自己実現への道標「楽生面授」を実施。
潟gータルヘルスデザイン近藤洋一会長とともに「チャレンジPPK」を展開。「イキワク会主宰」。著書に「ワクワクイキイキ生きるヒント」 「頭は使うな心に聞け!」 (日新報道)、 「ガンから生還した僧侶」(長 崎出版)がある。

暗 在 圏

 顕在圏(第三次元)と
  暗在圏(五次元)の間に
  四次元がある。

  二〇一二年迄は四次元はタブー。
  アンタッチャブル。
  二〇一三年以後は、
  このエリアで生きる、
  とおもしろい。

 (注)「色彩を持たない多崎つくると、
彼の巡礼の年」村上春樹著