トータルヘルスデザイン公式サイト

宇宙情報

第十回 岡田多母さん

超次元へジャンプ!宇宙の原理で生きよう 〜愛と感謝で幸せ無限大〜

宇宙スケールの情報をとらえつつ、地に足をつけたメッセージを発信されている岡田多母さん。大きな愛に溢れる多母さんのメッセージを受け取り、愛と光の超次元にジャンプして、一人ひとりの希望の光を発していきましょう!

祈りの響きが、美しい世界のはじまりになる。

2013年は、ここであえて語る必要もないくらい厳しい一年になるでしょう。日本がこの国土を守ることができるかどうか。それくらいの危機感をもって、私たち一人ひとりが行動をしていかないといけません。日本人が元来持っている精神性を集結しない限り、日本という国が糸の切れた凧のようになってしまう可能性も十分にあります。

それを福に転じる行動の一つとして、2011年9月からインドで定期的にパンディット(ヴェーダの専門家達)による「グローバルヤギャ」が行われています。世界の平穏を願い、16人のパンディットが調和の波を音に乗せて発信するという儀式です。その方たちとご縁を持つことができ、「グローバルヤギャ」の時間帯に合わせて、「大観祈祷」という愛の祈りを捧げ、マントラを唱えています。私のブログ「ラブコールあなたへ」で情報を発信していますので、もしよろしければご覧いただいて、祈りを合わせてみてください。

そのときに唱えるのが、「サラ サコ サティ サマ」、「オン マニ ペメフン」というマントラです。このマントラは、空間を浄化し、想念を浄化する力を持っているといわれます。純粋なものは純粋に、透明なものは透明にというように、その方向性をつくってくれるのです。いつでも、どこでも、どんな時でもかまいません。目を閉じ、ご自分の息に思いを込めて、息吹というものをこの世界に吹きかけていくのだと思って唱えてみてください。その声の響きが美しい世界を現し、あなたの行く先に美しい花を咲かせるでしょう。きっと清らかな、はじまりになるはずです。

肉体には神が宿っている。

今は、皆さんお一人おひとりが本当の自分を決めて、ご自身の望みや理想を、勇気を持って叶えられる時代です。大きな一歩でなくても、爪の先ほどでもいい。一歩を踏み出すということが進化につながっています。自然法が皆さんのことを待ち望んでいるのです。

神は常に法を説き、恵みを与え続けてくれていますが、受け取る側が手を開かなければそれは決して現れません。どんなに美しい太陽が昇っていても、雨戸を閉め、カーテン を閉めていたら、日の出が全く分からないのと同じです。

私には、叶えたい、見てみたいと思っている世界があります。本当にそのことを思う人たちとつながって、みんなで一緒に「バンザイ!」ってやってみたい。自分一人が完成するのも喜びですが、一つの完成を100人で味わえたら喜びは100倍、それ以上になります。今年こそ、その喜びをこの地で実現したい。きっと、神はそのように人を愛したいと思っているはずです。だからこそ、この世を作り、支え合い、愛し合い、触れ合うという五感を私たちに与えてくれたのです。

「ここまで頑張ったから、次こそ頼むぞ」って、いつまでも次の世代にバトンを渡すのはもうやめましょう。ここで終わりにしたい。アンカーでありたい。私はそう思っています。

皆さんはどうですか?

ご自分の子どもや孫たちに、「ここまでやったから、あとはお前がいい世の中を作ってくれ」って渡したいですか?「仕事はどうなるだろう?」「ちゃんと食べていけるか?」「健康は大丈夫だろうか?」などという心配を山ほど残して、何の手も打たないまま、あの世に旅立てますか?

肉体という形を持った人間にしか、この世界を本当の意味で変えることはできません。私たちの肉体は、神が宿るお宮です。肉宮とも言います。美しい愛と、慈悲と、ご加護と、恵みと、働きによって、思いを形づくり、栄えさせ、そしてまた次にジャンプさせることができます。私たち一人ひとりが、すべてを創造できる神の子なのです。

ぜひ、皆さんが願う美しく素晴らしい世の中を、この地球<テラ>に咲かせましょう。
(文責:山根 崇史)