トータルヘルスデザイン公式サイト

宇宙情報

第24回 丸山 修寛さん

愛と気づきの超医療を全公開!
〜「愛しています」「ありがとう」が秘める驚きのパワー〜

 従来の医療の枠組みを超え、光や音、電磁波対策などを通して人体が持つ「生命エネルギー」の流れをよくする療法を追究されている丸山修寛さん。生命エネルギーの流れは健康だけでなく運気をも左右してしまうとか!?ユーモアあふれる丸山さんから、生命エネルギーの流れを活性化して元気に過ごす知恵についてお話しいただきました!

人や地球に流れるエネルギーに目を向けて

 現代医学ではコントロールが難しい症状に対して、何とか苦痛を和らげたいという思いで治療に取り組んできました。漢方や気功、波動などの知恵も取り入れ、音楽療法、カラーセラピー、温熱療法、遠赤外線療法なども行っています。症状だけにアプローチするのではなく、人体が持つ生命エネルギーの流れを正常化・活性化させていくことで、本来の健康を取り戻すという考え方をしています。

 特に近年、強く感じているのは電気から生じる人工電磁波の影響です。アトピーやアレルギー、うつ、不眠、頭痛、リュウマチ、糖尿病、慢性疲労症候群など、様々な症状の要因となっていると考えています。人間には生体電流という微細な電気の流れがあります。この流れを滞らせないことが大事なのです。

 電磁波には人にマイナスの影響を及ぼすものもありますが、逆もあります。たとえば、地球から生じる地磁気の影響です。私たちは地磁気によって太陽フレアや宇宙線といった強烈なエネルギーから守られています。また、地磁気のエネルギーを取り入れると、生体電流が活性化するため、自然と元気になっていきます。こうした地球の恵みをしっかり人に届けることが自分の役割のひとつだと考え、地磁気を取り入れる機器の開発にも取り組んでいます。



「愛しています、ありがとう」のパワーを感じよう!

 そのような地球のエネルギーを取り入れるには、「地球さん、支えてくれてありがとうございます。生かしてくれてありがとうございます」という気持ちを持つことです。地球への感謝がとても大切です。

 地球には人類の意識が大きく影響しています。意識体としての地球が存在するためです。その地球と共鳴することによって、エネルギーを受け取ることができます。草木や花に感謝を伝えることも大切です。「愛しています、ありがとう」と言って水をあげると、なかなか枯れません。もちろん、人や自分に対して「愛しています、ありがとう」と言うことも忘れないでくださいね。「愛しています、ありがとう」と言い続けると、頭がよく働くようになります。

 「愛しています、ありがとう」の言葉には、想像を超える力が秘められています。
 まず大事なことは地球に感謝することです。それから宇宙、そして自身の本質的な生命に、という順番が大切だと思っています。母なる地球と一緒になって、はじめて本当の自分ともつながることができるのではないでしょうか。つながる順番がとても大事です。

 私は人間が好きで、自分だけではなく、多くの人に幸せになってもらいたいと考えています。人はお互いに共鳴し合って生きているため、周りが幸せにならないと自分も幸せになれません。よいエネルギーを流し、地球や宇宙、自分自身、そして周りへと共鳴を広げていく。そうすれば多くの人が元気になっていくことができ、よい運気も訪れると考えています。

(文責:太田 陽子)

<丸山 修寛(まるやま のぶひろ)さん プロフィール>
1958年兵庫県生まれ。山形大学医学部卒業、医学博士。東北大学病院第一内科勤務を経て、1998年 宮城県仙台市に丸山アレルギークリニックを開設。西洋医学と東洋医学を駆使した治療に取り組んだ後、「生命エネルギー」の流れをよくするための独自の治療を考案する。クリニックには1日平均150人もの患者さんが通院され話題となる。主な著書に「アトピーのルーツを絶つ!!」(ホノカ社)、「クリスタル音叉 癒しの響きCDブック」(マキノ出版)など。

 

▼ 丸山さん関連グッズはコチラ ▼

★『丸山式コイル ブラックアイ
 人工電磁波のマイナス面を中和して、静電気の発生源にアプローチ。人にとってプラスのエネルギーになるよう働きかけます。また、内蔵された銅製のコイルと炭の相乗作用により、体内の微弱な電気の流れを本来の方向に戻し、生命エネルギーを活性化。不調を感じている箇所に貼ることで、からだのコリを和らげ、元気の力を引き出します。


★『空ねる枕(くうねるまくら)
オリジナル除電カプセルを枕の中に7個内蔵し、余分な静電気を除去することで、どんな枕の素材でもできなかった「眠りの質の改善」を可能にしています。さらに、「首や肩のコリの緩和」「頭の働きの活性化」「精神の安定」などの様々な作用も期待されます。