トータルヘルスデザイン公式サイト

宇宙情報

第25回 みやがわ みちこさん

自分がゆるむと、なぜかうまくいく!
〜 なんでも仙人の「ゆる〜い教え」 〜

 みやがわみちこさんの心に住み、宇宙的な視野から日ごろの暮らしをイキイキ楽しく生きていくための知恵を伝授してくれる存在、なんでも仙人。みやがわさんより、「その教えはゆる〜いですが、なぜかうまくいく」と自らの実体験に基づくエピソード、そしてなんでも仙人の愛にあふれるメッセージを披露していただきました。

誰も責めない教え

なんでも仙人の教えは、愛にあふれ、ものすごくやさしいんです。その大きな特徴のひとつが「誰も責めない」ことです。声が聴こえだして7年になりますが、わたしは一度も責められたことがありません。わたしだけじゃなく、どんな状態の人も責めません。
最近、間違いを犯した方へのメッセージもそうでした。たくさんの方に責められている姿を見た時、わたしは「なんでも仙人ならどう言うのだろう」と思い、問いかけてみました。

“人は間違いを犯すものだ。それを必要以上に責めてはいけない。立ち上がれなくなるまで、叩きのめしてはいけない。ただ教えてあげればいいんじゃよ。 これからどうしていけばよいのかを。希望の光を灯しながらね。人は誰でも人に知られたくない秘密を持っているのじゃ。こんなこと知られたくない。知られたらなんて思われるだろうかという秘密をのぅ。それは小さいことかもしれない。小さい、大きいにかかわらず、自分に全く責められることがないという人だけが、この者のことを責めてもいいとなったら、きっと責めることのできる人は、ほとんどいないじゃろう。人が間違いを犯したら、責めるのではなく、教えてあげたらいいんじゃよ”

こんなやさしいメッセージでした。わたしは「希望の光を灯しながら」というところに、なんでも仙人のものすごい愛を感じるんですね。



「向上する」の本当の深い意味

“向上とは、上に上に向かっていくというよりも、むしろ自分の不完全さをいかに許してあげられたか? 相手の不完全さをいかに許してあげられたか? その中にある”

最初にこの言葉を教わった時、本当に驚きました。「向上とはつねに自分を磨き続けることだ」と思っていましたし、 「不完全さを許してしまったら、人は成長しなくなるんじゃないか」と思ったからです。なぜ自分や相手の不完全さを許してあげることが、向上することになるのでしょうか。その本当の深い意味についてのメッセージもご紹介します。


“不完全だと思うことが、ありのままを見ていないのじゃ。ジャッジをしている。でも、すべてのものを生み出す根源、宇宙はジャッジをしない。ノージャッジの世界なんじゃ。ありのまま、ニュートラルというのが、宇宙の波動。すべてを受けとめて、すべてを許す。何者かにならなくていい。あなたがあなたのままでいい。あなたがそこにいるだけでいい。こう言われたときに、人は堕落していくのではなくて、自分の中の愛そのものが目覚めてしまうのじゃ。すると、宇宙の波動に近づく。これが向上するということなんじゃよ”

わたしはこの7年間、「不完全な自分を許す」ということをずっと続けてきました。すると、わたしの家族が楽になり、まわりの方々が楽になる…、という連鎖が起こったのです。そして、その人本来の力や輝きがあふれだすという現実を目の当たりにしてきました。
今日お伝えしたなんでも仙人の教えにより、みなさんの心が少しでも軽くなり、ゆるむきっかけになりましたら、とてもうれしく思います。

(文責:濱沖 弘)

<みやがわ みちこさん プロフィール>
個性心理學研究所名古屋支所所属認定講師・カウンセラー。「お母さん元気プロジェクト!」代表。
「あなたはあなたのままで素晴らしい」をお伝えするために、幼稚園や保育園、小学校などで子育て講演を、また子育てや人間関係のお悩みカウンセリングを行っている。
▼「なんでも仙人」サイト▼

 

▼ なんでも仙人書籍はコチラ ▼

★『なんでも仙人の人生がどんどん良くなるシンプルな教え
 宇宙的な視野で、日頃のささやかな人間の悩みを解決し、飛躍するための知恵を授けてくださる“なんでも仙人”。人間関係や仕事のことなどでふと立ち止まった時などに、ぜひ読んでいただきたい一冊です。