トータルヘルスデザイン公式サイト

宇宙情報

第36回 宮下 周平さん

『アスタジー』に秘められた、古来に伝わる日本の“神”髄とは?!



わかわかしさの源として、発売以来人気を博している『アスタジー』。その完成は一朝一夕ではなく、頓挫したこともあるとか。その突破口になったというグリーンヘンプオイル(麻油)についてお聞きしたところ、日本古来の衣食住を包括する深淵なストーリーがありました。

「酸化」を消すために必要不可欠な、第3の存在!

いまアスタキサンチンをはじめ、からだのサビを取る成分が脚光を浴びていますが、それらの成分をまとる基材として、市場ではさまざまなオイルが使われています。そのときヘンプオイル(麻油※1)が最適だろうとピンときたんですね。今、世界的には国家間が競うようにヘンプの研究を進めています。特に「薬用」に分類されるヘンプは潜在的な医療用成分の宝庫であり、非常に強力な“サビ取り成分”も見つかっています。今後さらに脚光を浴びていくでしょうね。ヘンプオイルも例外ではなく、必須脂肪酸中のオメガ3と6の割合が人間と近似値であり、極めて良質なことが分かっています。美肌成分として化粧品の原料にも使われています。
 少し観念的な話ですが、『アスタジー(Astaxyzygy)』と命名したところ、真ん中にXYZというスペルが偶然浮かび上がってきて驚きました。実は、東北大学の大久保一良教授が「XYZ理論」(※2)という“からだのサビ”を消去する食品について研究をしており、まさに『アスタジー』の性質に重なるからです。この研究で、X軸(酸化)に対してY軸(“サビ取り”成分)だけではサビを消去できなくて、Z(触媒)という第3軸によって初めて活性して消去できるというのです。からだの酸化(X)に対して、アスタキサンチンをはじめとするトップクラスの“サビ取り”成分(Y)がある。そこに「Yとの相乗作用でよい方へ向かわせるキューピッドの働き」を持つ触媒(Z)が必要で、それがヘンプオイルだったのです。ヘンプオイルが単独で働くというよりむしろ、相互作用という意味で大きな力を秘めているわけです。

※1:ヘンプは麻の英語名(Hemp)で、麻薬成分THC(テトロヒドロカンナビノール)をほとんど含ま ない大麻のこと。主に産業の分野でマリファナと区別するために用いられる名称です。
※2:体内の活性酸素消去を意図した食品についての研究

日本の物質文化を深層で支えていた「麻」とは!?

健康面に限らず大局的に見て、私たちの社会システムは、行き詰まっているように見えます。精神的なものが大きいと思うのですが、精神も物質も単独では存在できませんから、精神が欠落していく裏側に、物質的に重要なものの欠落があるように思われます。古からの日本人の逞しさ、優しさを支えていた物質的なものがあったはずで、それは何だったのか? と。豊かだった自然環境が急速に失われてきたことに加えて、日本人の衣食住全般にわたって日常的に根づいていたのに欠落してしまったもの。それがまさにヘンプ(麻)だと感じている方も多いのではないでしょうか。ヘンプは、衣服、建材、食べ物、さらには宮中の神事まで、日本人の暮らしの中でオールマイティーな存在でした。非常に短期間で成長する竹のような、成長・再生・蘇生力の早さや強さによって生活全般が支えられていたわけです。神道の世界では罪・穢れを祓う幣(※3)に麻の繊維が使われます。これに象徴されるように、土地の浄化力もある。日本文化の中でこれだけ重要な役割を果たしていたにも関わらず、戦後の日米政策の中で禁止されてきたことはご周知の通りで、価値評価が逆転しているわけです。
 ヘンプオイルの原料である麻の実は、昔からおなかの調子を整える漢方として使われてきました。七味唐辛子の一味でもあります。近年の研究で“サビ取り”作用が非常に高いこともわかっています。
 日本伝統の歴史性をもちつつ、将来性・未来性のある健康食であり、“サビ取り”の触媒になるヘンプに息吹を与えられて『アスタジー』は誕生しました。

※3:神主が御祓いするときに振るもの

(文責:高木 みのり)



< 宮下 周平(みやした しゅうへい)さん プロフィール >
株式会社まほろば代表取締役。1950年、北海道恵庭市生まれ。オーリング(筋肉反射)テストに出合い、「この世に絶対はない。皆相対して流動する」という真理に到達。83年、0−1(ゼロワン)テスト法(※)を開発して選んだ商品を販売する自然食品の店「まほろば」をスタート。0−1テストを用い、世界の権威を驚愕させた浄・活水器『エリクサーU』をはじめ、『なごみ塩』『へうげ(ヒョウゲ)味噌』等、独自の商品開発を続けている。
※生命体の発するサインを瞬時にダイレクトに感じ取る「まほろば0−1テスト」(登録商標2003-077301)

▼ 関連商品 ▼

アスタジー

『アスタジー』は“サビ取り”力に優れているので、からだのすみずみまで広がって元気を応援します。ヘンプオイルを中心に今話題のアスタキサンチン・還元型コエンザイムQ10を配合!
クリック>>