トータルヘルスデザイン公式サイト

宇宙情報

第44回 九鬼 和子 さん

女性が本来の輝きを取り戻す下着を!

下着のカリスマ・龍 多美子さんのノウハウを形にする凄腕パタンナー、 九鬼和子さん。龍さんと頭脳の一部を共有しているような明晰さと行動力で下着を作り上げている現場に伺い、職人の心意気を伺いました !

冴え渡る匠技!!

 『美ライン メイクインナー』(以下、『美ライン』)は、国内でトップクラスといえる下着職人の技を結集して、完成しました。モノのグレードを高めるのは、職人の思い。技術や情熱はもちろんですが、無理した分も結果に出てしまいます。だから私は、得意なこと、好きなことで技術を高めている職人さんを探し求めて、引き寄せてきました。
 ピカイチなのが86歳の北村さん。背筋がシャキッとして、糸もスッと針に通す。職人さんたちに出す指示も的確。できないと思われることも可能にしてしまうノウハウとセンスを兼ね備えているんです。それだけではなく、「ミシンも生き生きしていればイイ仕事をしてくれる」とミシンと会話しながら縫製していたり、布の裁断に使う裁断包丁は、物凄く大きかったものを研いで長年使い続けて、小さくなっても愛用するほど、道具を大切に扱っておられます。機械や道具とも「気」を通わせて、職人魂が光っているんです。彼の技術力と経験値なしに『美ライン』は成し得ませんでした。  

匠を引き寄せた!

もともと北村さんは大手縫製メーカーの部長さんでした。私はその時代から大変お世話になっていたのですが、突然現役から退かれて連絡が取れなくなったんです。私が独立した時も、どうしても北村さんの腕をお借りしたくて方々探し回ったんです。誰に聞いても、かつてお住まいだった家を訪ねても見つかりません。
 途方に暮れていたある朝、いつもより早く出社するために神戸駅前を歩いていたら、誰かにミュールの踵を踏まれたんです。振り返ったら、それがなんと北村さん! 神戸で有名なお肉屋さんで1、2ヶ月に1回だけアルバイトに行く、その稀有な出勤日だったというのです。「北村さん!?探してたんですよ!!」という私の勢いとは裏腹に、のんびり「あ、ホンマぁ?」って。縫製をお願いしても「ちょっとかあちゃんに聞いてみるわ」と保留に…。それを奥様が「これは何かの縁やで!やっておきなさい!」と言ってくださった。
 こうして、私の願いが実現しました。求めれば行き着くんです。欲する気持ちが強いほど、引きが強いといいますからね(笑)。

輝くために遠慮しないで!

そんな私が龍さんと初めてお会いしたのは二十歳の頃。雲の上の存在で、注文を受ける手が震えて目を見て話せないほどでした。それが取引先として会話できるようになり、今では2人で1つの集合体のように「下着の力で女性を解放して輝かせる」という共通の目標を持つまでになりました。私自身がこれまでに、自分のコンプレックスと向き合って解消し、誰もやっていないことに挑戦して自信をつけて、「芸能人より移動距離が長い」とからかわれながらもバリバリ仕事をしてきました。誰に何を言われようと、主人にもかなり思われていますけど(笑)、私は私らしく、このまま行かせてもらおうと思っています。
 これからは女性の時代といいますよね。確かに、家庭もビジネスも実は女性が動かしていると思いませんか?女性が本来持っているパワーは絶大なんです。だからこそ女性が停滞していたら、社会も活性化していきません。一人でも多くの女性が、本来ご自身が持っているはずの力に気づいて、誰に遠慮することなく輝いていってほしい。これは、私の実体験を通して心からお伝えしたいことなんですね。そのために『美ライン』をお役立てただければ、職人としてこれに勝る喜びはありません。

(文責:高木みのり)

<九鬼 和子(くき かずこ)さん プロフィール>
株式会社ルトゥール代表取締役。上田安子服飾専門学校卒。大手下着メーカーにて企画プランニングからデザインパターン、生産管理業務に携わる。下着メーカー2社のチーフデザイナーを歴任、事業プロデュースを手掛け、多角的に下着商材を企画するフリーランスを経て、現職。商品企画・製造・卸・直売の傍ら、大手キャリアスクール講師として後進の育成も行うなどエネルギッシュに活動している。

▼ 関連商品 ▼

Ryu'sなでしこStyle 美ライン メイクインナー

心地よいフィット感、着るだけで背筋が凛と伸び、美しいバストと女性らしいフォルムをつくるブラジャー機能付きインナーです。 極薄の伸縮性で 締め付けることなく、からだが本来持っている機能を目覚めさせ、意識もグッと変わります。
クリック>>