トータルヘルスデザイン公式サイト

HOME > セミナー・セッション > セミナー講師紹介

セミナー講師紹介

話題の講師陣

京都本社、東京元気アップショップにて開催されている講座・セッションの主な講師の先生方をご紹介いたします。

みやがわみちこさんみやがわ みちこさん 京都東京人生がどんどんよくなる「なんでも仙人セミナー」 ほか
個性心理學研究所名古屋支所所属認定講師・カウンセラー。
「お母さん元気プロジェクト!」代表。「あなたはあなたのままで素晴らしい」をお伝えするために、幼稚園や保育園、小学校などで子育て講演を、また子育てや人間関係のお悩みカウンセリングを行っている。著書に『なんでも仙人の人生がどんどん良くなるシンプルな教え』(バンクシアブックス)、『魂レベルですっきり解決 ―さあ《なんでも仙人》にど〜んと聞いてみよう―』(ヒカルランド)がある。

山本光輝(やまもと こうき)さん山本 光輝
(やまもと こうき)さん
京都東京「 いろは呼吸書法 実践会」など
呼吸書法家。本名・忠英。 別号・修也、翔如。27歳の時に合気道の開祖・植芝盛平氏に師事。32歳の時、前衛書道と出会い1980年より「いろは歌」を書き始める。以後、「いろは歌・ひふみ祝詞」のみをテーマに書き続け、合気武道を通じ「健康呼吸書法」を創始。現在「いろは呼吸書法」として、日本をはじめドイツ・アメリカ等で講演教授。また、書作品の個展を日本各地で開き、その書で地球の浄化を祈り、各地の神社・仏閣・施設などに奉納、献上している。合気道7段。著書に「いろは呼吸書法」(平凡社)がある。
“いろは歌”を唱えながら、いろは四十八字を書する「いろは呼吸書法」。実践された方からは、びっくりする出来事が数多く寄せられています。“言霊”を体感する貴重なひと時をご堪能ください。
岡田多母(おかだ たも)さん岡田 多母(おかだ たも)さん 東京「岡田多母さんの個人セッション」
1956(昭和31)年、秩父生まれ。明治薬科大学薬剤学科卒業。 1991年、休息と満足と歓びを常に心の中心におき、健全な心身を取り戻すために、(有)アースエネルギー研究所を夫と共に設立。天然磁性水「新生水」を販売。1996年には、心と体を調和させ、本来の能力を開花させることを願い、生命のあらゆる可能性を自然法則に従い実感できる場として、秩父に「アーリーハウス」を設立。生かされて生きる体験を深めるサポートを行っている。 著書に『愛しのテラへ』『ヘソの話』(以上、風雲舎)、『あなたへ・・・シリーズ(4冊)』(知玄舎)、『和ーユルヴェーダの心』(アースエネルギー研究所)などがある。
卓越した直観力と宇宙規模の愛で、あらゆるものごとの本質をとらえ、私たちに気づきのメッセージと元気と勇気を与えてくれます。
芳野武人 (よしの たけひと) さん芳野武神人
(よしの むじんと) さん
京都東京「バンクシア・フィットネス」
大手清涼飲料メーカーの事業開発部門に長年携わるかたわら、目に見えない世界に惹かれ瞑想を始める。阪神大震災の時、ボランティアの人からレイキを学ぶ。シンプルで即効性があって効果の高いレイキ療法に触れて“気の世界”を理解する。その後、“やわらぎの会レイキ療法士学院”に入り卒業後、同学院の講師を務める。また、生体と真正面から取り組んだ運動療法エゴスキュー・メソッドを学びエゴスキュー・ジャパン認定のセラピストとなる。人間とは何か・自分とは何か、身体・心・魂と宇宙の叡知との関わりを探している一探求者。
室谷良子 さん室谷 良子
(むろたに りょうこ)さん
京都東京「血の道療法の知恵」講座
「血の道療法」個人セッション
父方、母方に伝わる「血の道療法(血液の滞りを改善する手当法)」を研究し、現代に通用するフットケアを立ち上げる。1996年、日本フットケア協会、2002年にはフットケア事業協同組合を設立する。現在、同協会師範。看護学校でも技術指導を行い、技術の習得者は1500人を超える。また、日本統合医療学会など多くの学会で保健・看護・介護に関する研究発表を行う。指導書・監修書に「爪のケア・手足のケア技術」(看護の科学社)「冷え取りダイエット」(宝島社)「キレイな脚の作り方」(双葉社)などがある。
大芝公彦さん大芝 公彦
(おおしば きみひこ)さん
京都東京「ぴ〜かんメソッド」講座
「ぴ〜かんメソッド・すりすり君」個人セッション
甲府市出身 気功整体ぴ〜かん倶楽部代表
大学卒業後輸送機器メーカー勤務の後、山日YBSへ入社。CMディレクター、山梨放送テレビ、ラジオの番組ディレクターを経て甲府北口二郵便局長へ。2007年に退社し、ぴ〜かん倶楽部を設立。現在に至る。2004年から中医整体術、気功療法、カラー療法、関節矯正JRC法、新リンパ療法などを学ぶ。
山梨文化学園カルチャースクール講師、FM甲府ラジオコメンテーター 。
河野貴希(こうの たかき)さん河野貴希
(こうの たかき)さん
京都東京「河野貴希さんのイキワク健康講座」 講座
1938年大阪市生まれ。幼少の頃から病弱で、18歳の時に結核を患い、死と直面する経験の中から宗教を超えた純粋な「神」の存在に興味を持つようになる。大学卒業後、薬品会社を経営するかたわら、3800以上の神社仏閣を参拝するなど古神道の研究を続け、「神様と対話することで幸せに生きる」をテーマにした講座を各地で開催。また、日本で最初にゲルマニウム療法を導入、カルシウム健康食品『地球美源』を開発するなど健康法の研究を続け、これまで6万人を超える人々に、健康づくりの指導や助言を行っている。
誰も教えてくれない健康のコツ、簡単ユニーク健康法、懐具合の健康から天運をつける方法まで、いきいきわくわく生きるためのコツが盛りだくさん! 素朴な疑問がスルスル解ける大人気講座です。
秋山広宣さん秋山 広宣
(あきやま ひろのぶ)さん
京都東京マヤ鑑定個人セッション
あすわ代表・カレンダーカウンセラー
カレンダーカウンセリング「マヤ鑑定(R)」を、世界で最初に確立したマヤ鑑定士マスター。5000人以上におよぶ個人セッションと800回以上のセミナー、講演会の実績がある。他の「マヤ暦」という名称でセッションやアドバイス、勉強会等をしている存在とは、その質と内容が全く違う、本当の情報を発信している。マヤ遺跡にも毎年実際に足を運び、現地で最新のマヤ考古学を確認している日本では非常に珍しい存在。訪れた遺跡は26以上におよぶ。現代版マヤカレンダー活用術のレクチャー、マヤ鑑定士の育成を関西中心に展開中。著書に「現代版マヤカレンダー2014」(あすわ出版)、「2013年から始まる銀河のマヤ」(新日本文芸協会) 等がある。
治郎丸 明穂 (じろうまる あきお) さん治郎丸 明穂
(じろうまる あきお) さん

京都「オノコロ塾」講座 
「光呼吸ヒーリング」個人セッション
文筆家・プランナーとして映画、出版、格闘技業界で活動した後、神道を通じた霊性の学びを始める。01年、霊的インスピレーションを受けて奈良に移住。平城宮跡や英国フィンドホーンで光の柱と遭遇する体験などを重ねる。現在、光の器となって人や地球に奉仕する光の呼吸体と神ながらの道を指導し、ヒーラーとしても活動。株式会社ミツルギ代表。
カシュカシュさんカシュカシュさん東京
「カシュカシュさんの個人セッション
(スピリチュアル・ヒーリング、スピリチュアルリーディングなど)」
5才から習い始めた書道とCGを融合した独自の手法で、グラフィックデザイナーとして商業デザインの仕事に13年間携わる。並行してスピリチュアルの学びの道に入り、チャネリング・ヒーリングセッションを開始。チャネリングを通して、必要と感じる絵や文字を創作している。「カシュカシュ」は、アラビアンナイトに登場する魔法使いの名前を意味するペンネーム。
著書:「見るだけで元気になる*ばらんす・カード」

困っていること、悩んでいることなど、日頃疑問に感じていること、ハイヤーセルフ(自分の中の自分)からのメッセージをリーディングしてお伝えします。
石原 政樹さん石原政樹(いしはら まさき)さん 京都東京「願望実現のための「言霊」書き方」講座
学生時代から、禅僧である祖父の影響で座禅に親しむ。高校時代に超越瞑想を学ぶ。学生時代にキャプテンを務めた剣道部の稽古の後、しばしば幽体離脱を経験。20代後半、1日10時間を超える瞑想中に、エネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。その後、 少林拳、少林武術、太極拳、古武術、気功、気導術、ヴィパッサナー、阿字観、肥田式強健術等、高名な師匠達の下で幅広く学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より動功の免許をいただく。また学生時代から船井幸雄氏の書籍に影響を受けたことがきっかけで、舩井グループの門を叩き、十年間社員として、ビジネス、スピリチュアル両面を学ぶ。 2015年より、伯家神道・言霊学伝承者でロゴストロン理論創始者である七沢賢治氏のロゴストロン株式会社取締役に就任。
みつゆきさんみつゆきさん 京都東京「アイリッシュハープ個人レッスン」
「ヒーリングハープ・コンサート」
オリジナル曲を中心に活動するアイリッシュハープ奏者の第一人者。
その独自の感性でつむぎだされたメロディーは、素朴でかつ繊細。聴く人の心の奥深くに染み入り、どこかなつかしい気持ちにさせてくれる。胎教音楽やリラクゼーションの音楽としても愛されており、ホームコンサート、保育園や学校、病院、介護施設、ギャラリー、能楽堂、寺院、経営者の交流会など、その演奏活動範囲は多岐に渡る。2008年には海外でも高く評価された映画「1/4の奇跡〜ほんとうのことだから」の監督、入江富美子の2作目のドキュメンタリー映画「光彩〜ひかり〜の奇跡」の音楽を担当。その他、TV番組内のバックミュージックにも用いられるなど、活動を広げている。